クラウドマイグレーションについて

クラウドマイグレーションとは、会社などで使用されるソフトウェアやデータ、あるいはそれを提供するためのサーバなどを、インターネットなどにネットワークを通じて利用者に提供されるサービスのことをいいます。


クラウドマイグレーションを専門の事業者が提供しているサービスに、自社のシステムを構築してる従来のシステムから移行することをクラウドマイグレーションといい、このサービスは利用実績に応じて料金を支払うというというシステムになっていることが多く、このシステムによって会社側は設備の運用や管理などの負担、導入したり更新したりするときに必要な投資が不要となる、IT部門の負担を軽減するためコストを抑えることができ、オフィスだけではなく自宅やネットカフェ、外出先でも利用できるなどのメリットがあります。



主に電子メールやグループウェア、スケジュール登録、ファイルの閲覧やアップロードなどさまざまな機能が利用する事ができるようになっています。

クラウドマイグレーションの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

便利に使うことのできるクラウドシステムですが、デメリットもあります。

提供サビースであるため、ある程度パッケージ化されているためカスタマイズが難しく、インターネット上で利用しているためクラッカーなどが個人情報や経営情報などの機密情報や重要情報が流出してしまうリスクも存在しています。


メリットとデメリットがあることを理解し、利用する場合には十分に情報セキュリティー対策を行っている事業者を選択することが大切です。

はてなブックマーク情報をピックアップしたサイトです。