クラウドマイグレーションを実施する際の課題

物理サーバの管理負担が無くなり、投資コストを押し下げたり、システム安定化に大きく寄与するのがクラウドマイグレーションです。


しかしメリットだけを全て労せずに手に入れることは難しく、多く場合はシステムを実際にクラウドに移行させる時に複数の課題を抱えることになるため、その対処が必要となってきます。

livedoorニュースに対して関心度が高まっています。

システムのクラウドマイグレーションを実施する時に抱えがちな課題の1つとして、まずセキュリティ上の問題があります。

クラウドマイグレーションならこちらが人気です。

それまで社内といった閉じた環境で運用してきたシステムを、インターネットなどを経由して利用するクラウドに移行するため、セキュリティ上の問題は必ず克復する必要があります。

クラウドは仮想化技術によって物理的にシステムを共用しつつも、論理的にはシステムが他のユーザーと切り離されているのが特徴です。


またインターネットを通じた外部からの攻撃のリスクもあります。

このため強固なセキュリティを持つ会社のクラウドを選ぶことが何よりも重要となります。

またクラウドマイグレーションによってシステムを移行させる場合は、その移行の手間やコストが生じるのは避けられません。

移行先のクラウドをすでに選定しながらも、手間やコストの問題でクラウドマイグレーションを断念した企業も実際に少なからず存在します。



このようにクラウドマイグレーションのためには、いくつかの克復しなければならない課題がつきまとうケースが多く見られます。

しかしそれらの課題を克復できれば、それまで抱えてきた既存のシステムの持つ問題のほとんど全てを解決し、低コストでの安定したシステムを可能としてくれます。