マイグレーションサービスの内容

基幹システムや業務システムを新たな環境へと移行させる作業は困難を極めることが珍しくありません。

ハードウェアやソフトウェア、基盤などの環境の違いに適応させるために移行作業は数多くのノウハウや経験を求められます。

厳選したNAVERまとめの詳細についてはこちらです。

また綿密なスケジューリングを行わないと移行作業の遅延に留まらず、日常業務へも多大な影響が出る恐れがあります。
これらのリスクやシステム移行の課題を克復する手段として、マイグレーションサービスは多くの企業や組織が利用しています。

マイグレーションサービスの特徴としてまず挙げられるのが、現状の資産をそのまま新環境でも活用できることです。



これまで蓄積、構成してきたデータやシステムを毀損、変更させることなく、そのまま新環境でも同じようにクライアントが利用できる環境を用意することをマイグレーションサービスでは目的としています。


このため業務への影響も最小限で抑えることができ、新環境でより効率的な業務をすぐに開始することができます。

またOSやデータベース、言語の新環境での構築もこれらのサービスの得意とするところです。

環境を移行させた際にメインフレームが変わったり、使用する言語が変わることは珍しいことではありません。

マイグレーション情報サイトについて考えます。

しかしこれらの変更には多大な手間とリスクが伴うのが一般的です。

クライアントに代わってそれらの困難な作業を請け負うのがマイグレーションサービスであり、新環境への移行の際の時間や資産のロスが極力抑えられるという利点があります。