これからも不動産投資信託に注目です

不動産投資信託にもいろいろあります。

マンションなどの住居系の銘柄もあれば、オフィスビルを保有している銘柄もあり、倉庫やホテル、商業施設に投資をしているものもあります。
それぞれの物件に特徴があり、物件の特徴がそのまま銘柄の特徴となっています。


例えば、住居の場合は、分配金が安定している一方で、投資口価格の変動が小さいです。

これは、住居の家賃は景気の変動を受けにくいからです。

分配金が大きく増減しないため、投資口価格も大きく上下しないのです。


オフィスビルの場合には、投資口価格の変動が住居系に比べ大きく、分配金も大きく増減します。

一般的に景気が良いと投資口価格が上がりやすく、景気が低迷し始めると、投資口価格がズルズルと下がります。

これは、オフィス家賃が景気の変動を受けやすいからです。現在のような景気低迷期には、フリーレント期間まで設けてテナントを募集しているような場合もあります。

厳選したシノケンハーモニーの評判情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

商業施設やホテルなどはまた違った特徴を持っています。

これらの不動産投資信託はオフィスビルや住居系の不動産投資信託に比べて、分配金利回りが比較的高めになっています。

これは、物件の代替性が小さいからです。


つまり、仮にテナントが退出してしまった場合には、なかなか次のテナントを見つけにくいということです。

長期の賃貸契約を結んでいるものの、いずれは契約の終了時期が来ます。

その際に、上手に次の契約を結べるかどうかがポイントとなってくるわけです。

不動産投資の失敗の情報を要約した情報サイトです。

分配金利回りが高いからといって、ホテルや商業施設の不動産投資信託に飛びついてしまうのはリスクが高いと言えます。

このように沢山の不動産投資信託がある中で、個人的には住居系の不動産投資信託を買っています。
インカムゲインが安定していることが大きめ魅力だからです。



今後、不動産投資信託が自己投資口の取得ができたり、病院などの不動産投資信託も登場する可能性が出てきました。

不動産投資信託を取り巻く状況にも注目です。